読書の秋。各地で地域ぐるみで本のフリーマーケットが行われるイベントが開催されます。ネット書籍が増えて行く中でも紙の本はやはり良いもの。注目のイベントをピックアップ!

しのばずくんの本の縁日

昨年開催されて公表だった「一箱古本市」の不忍ブックストリートによる、本好きも地域の方も楽しめるブックイベント「しのばずくんの本の縁日」が今年も開催!

販売されるのは児童書、写真集、エッセイ、人文書など。個性豊かな出版社が出店するだけでなく、新刊、古本、ミニコミ・リトルプレスが大集合。

美味しい食べものや飲みもののキッチンカー、エマーソン北村さんによる投げ銭ライブ、本堂では泉麻人さんのトークイベントも企画されています。

本堂 トークイベント 泉麻人「僕の〈東京本〉のつくりかた」

1985年刊の『東京23区物語』以来、地下鉄、バス、自転車、道、喫茶店、動物、七福神、音楽など、さまざまな視点で東京を掘り下げてきた泉麻人さんが、これらの本がどのようにして生まれたかを話します。

また幼い頃からの東京観察の軌跡や、フリーランスとしての仕事観を聞く貴重なチャンスになります。

出 演: 泉麻人
聞き手: 南陀楼綾繁(不忍ブックストリート代表)
時 間: 13:30開場/14:00開演
料 金: 1,500円
ご予約: yoyaku★yanesen.org(★→@)
*件名「泉麻人トーク」お名前/人数/当日連絡のとれる電話番号を書き添えて応募

イベント名 しのばずくんの本の縁日
開催日 2017年11月3日
開催場所 養源寺 境内
東京都文京区千駄木5-38-3
(雨天の際は、本堂地下ホールほかにて開催)

第27回 神保町ブックフェスティバル

普段は平日のみ営業しているところも多い神保町が、3日間に渡って街中を本と人が埋めつくす「神保町ブックフェスティバル」。

古本店のセールワゴンが道ぞいにズラッと並ぶのはもちろん、全国の書店、出版社が特別なワゴンを出展し新刊が手軽な価格で手に入るのも人気の秘密です。

絵本や子ども向けの児童書のワゴンセールや、おはなし会、紙すき体験会も開催されます。

イベント名 第27回 神保町ブックフェスティバル
開催日 2017年11月3・4・5日
開催場所 すずらん通り、さくら通り、神保町三井ビルディング公開空地

 

第58回 東京名物神田古本まつり

10月27日(金) ~ 11月5日(日)まで開催されるのが半世紀に渡って開催されてきた「神田古本まつり」。駿河台下交差点から専大前交差点まででは古本があつまる「神田古本まつり」が開催。

古書店が軒を連ねる表通り(靖国通り)には、古書店と向き合うように書棚を並べ、歩道の両側を書店と本棚が埋めつくす「本の回廊」が出現します。

古本まつりらしく、稀書・珍本・良書が揃う特選古書即売展(東京古書会館地下ホール)や、蔵書印まつり等も開催される。

本の宅配サービスあるため、たくさん購入しても手ぶらで帰れるのもうれしいポイントです。

イベント名 第58回 東京名物神田古本まつり
開催日 2017年10月27日~ 11月5日
開催場所
千代田区神保町(神田古書店街)

スポンサードリンク