神戸市東灘区の名門男子校・灘中学校の2018年(平成30年)入試の概要がHPで発表されました。

灘中学校の2018年(平成30年)入試の出願について

灘中学校の入試は連続する2日に渡り行われます。初日は国語・理科・算数二日目は算数・国語の選考が行われます。算数と国語の選考は2日にわたって行われ、社会の入試がないのが特徴です。

25年度 26年度 27年度 28年度 29年度 5年平均
国語1

/80点

受験者平均 51 51.7 52.7 50.4 57 52.56
合格者平均 56.1 55.3 59.1 55.7 62 57.64
国語2

/120点

受験者平均 66.7 71.9 81.1 70.3 73.4 72.68
合格者平均 72.6 77.9 88.5 77.4 79.1 79.1
算数1

/100点

受験者平均 45 57.2 41.9 42.7 49.1 47.18
合格者平均 58.6 73.3 54.4 54.8 63.1 60.84
算数2

/100点

受験者平均 54.9 49.7 52.7 50.8 48.4 51.3
合格者平均 70.3 63.9 64.6 61.2 62.4 64.48

2日に渡って行われる国語と算数の受験者平均と合格者平均を比べると上記のようになっています。

国語と算数の試験が2日あり理科がない理由について2015年4月6日の週間朝日の記事で大森秀治教頭は次のように述べています。

算数と国語は2日でタイプが違う問題を出して、考える力を持った子どもに入学してほしいと思っています。中学入試の社会で、考えさせる問題を作るのは難しい。入試に社会を加えるか検討したこともありますが、社会が入ると入学してくる子どものタイプが変わってしまうため、ずっと今のスタイルです」

国語のみ1日目80点満点、2日目120点となっていますが、国語は両日とも合格者平均と受験者平均の差が5点前後となっており、特に120点満点の2日目は1点の差が合否を分ける熾烈な競争がおこっていることが読み取れます。

算数は1日目も2日目も合格者平均と受験者平均が13点前後。多くの中学入試と同じように灘中学でも国語よりも算数が合否を分けていることがわかります。

東大入試と同様の問題が! 灘高校の“数学力の鍛え方”

灘中の入試問題はどうしてこんなに難しいの?

灘中学校の2018年1日目の入試の概要

試験タイプ 1日目
入試日 2018年1月13日(土)
出願方法 郵送のみ受付
出願締め切り 2018年1月4日
受験料 20,000円(返送料672円を一緒に納入)
募集人数(男子) 約180名
試験科目 国語  80点
理科 100点
算数 100点

灘中学校の2018年2日目の入試の概要

試験タイプ 2日目
入試日 2018年1月14日(日)
試験科目 算数 100点
国語 120点

灘中学校の今後の説明会日程

2017年10月~入試までの説明会日程 11月4日

10:00~説明会
11:30~校内見学

事前申し込みの必要なし

 

灘中学校の過去問と関連書籍情報と口コミ

 

【中学受験2018】海陽中等教育学校入試要項 給費生20名募集など 

【中学受験2018】体育も試験対象! 慶応義塾中等部入試 募集要項を公表!

【中学受験2018】 筑波大学附属駒場中が抽選についてと募集要項を公表!

 

スポンサードリンク

おすすめ無料資料請求

①小中高生の家庭教師選ポータル「かてきょnavi」
トライ、Gakken など大手を一括検索

②塾フォローに「オンライン家庭教師/個別指導 Axisオンライン」
大手WAOグループのオンライン家庭教師!お値段◎

③インターネット家庭教師Netty
東大・早稲田等出身者がオンライン授業家庭教師の資料は「早め」の取り寄せが成功の鍵!