アーティストの井上涼が作詞・作曲・歌・アニメーションを手がけるNHKの人気番組「びじゅチューン!」。

2018年7月24日(火)~9月9日(日)の間、東京国立博物館で歴史上の美術作品に登場する人物や描いた人になりきって、作品の背後にある物語や風景、そこに描かれた人々の暮らしを体感。自由な想像力で美術作品に親しみ、鑑賞を深められる展覧会となっています。

親と子のギャラリー 東京国立博物館×びじゅチューン! なりきり日本美術館ってどんなの?

 

<展示1>体感! ザパーン ドプーン 北斎葛飾北斎の浮世絵「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」の波はどのくらい大きかったのか?

リアルサイズで体験する大型映像展示。

「びじゅチューン!」では、富士山に恋する波が、自分をアピールするために高く伸びあがるというストーリー。

井上涼が注目した、どこまでも伸び上がる波に焦点をあてて、その大きさと構図の見事さを体感していただきます。

高さ約7.5メートルの特大スクリーンに、画中の人物が原寸大になるように「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」を拡大映像化。絵のなかの人物になりきってみると、大きな波が大迫力で迫ってくるはず。さらに、声の大きさで波がどんどん大きくなるインタラクティブな仕掛けによって、波の大きさを実感できます。

<展示2>雨は愛すがどう描く?歌川広重の浮世絵「名所江戸百景・大はしあたけの夕立」の雨の表現に注目。

スタンプを選んで、カンタン版画体験!

「びじゅチューン!」では、主人公になった雨。ここでは、濃淡2色の墨版による雨の表現に焦点を当てます。

雨の描線を消した「名所江戸百景・大はしあたけの夕立」を用意し、そこにどんな雨をふらせるか、作者になりきって考えてみる体験です。雨のスタンプを押して、「ざぁーーーーーっっっ」、「さぁさぁ」、「ぽつぽつ」好きな雨を降らせてみましょう。浮世絵の製作工程を知る、工程見本も展示します。

<展示3>見返らなくてもほぼ美人菱川師宣の「見返り美人図」。美人はなぜ振り返っているの?

前後のストーリーを想像しながら自分だけのポーズをきめてみる、インタラクティブ映像による体験展示。

「びじゅチューン!」では、恋する男性をチラチラ振り返って見ていたらぐるぐる回ってドリルになってしまった見返り美人。彼女はなぜ振り返っているのか?見返り美人になりきって、その場面を想像しながら、ポーズを決めてみよう。来場者の顔や手足の位置をセンサーが感知し、その人の動きにあわせて画面の中の美人がポーズをとります。

絵に描かれた瞬間の前後のストーリーを想像すると、登場人物がぐっと身近に感じられるはず。

<展示4>洛中洛外 グルメチェック岩佐又兵衛筆「洛中洛外図屏風 舟木本」のレプリカを使ってごちそうシーンを探す体験展示。

「びじゅチューン!」では、洛中洛外図の食べ物のシーンに注目しています。テーマを決めて屏風をじっくり見てみると、400年前の人々のいきいきとした暮らしが見えてくるはず。絵の中の住人になりきって、京の街をあちこち散歩。お重、おまんじゅう、焼き魚、しじみなど、屏風前のパネルに示された京のグルメを探すクイズ形式の体験展示です。

<展示5>顔パフォーマー麗子岸田劉生の「麗子微笑」でデジタル顔はめ!

謎の少女「麗子」のキモチを考える体験展示。

「びじゅチューン!」では悪夢をみかんの香りで撃退する麗子。

謎めいた微笑を浮かべる麗子は、見る人によってさまざまな物語をはらんでいそう。この展示では、「デジタル顔はめ」で麗子になりきり、セリフやト書きでそのキモチを表現し、自分だけの「麗子像」をつくります。自由な発想で、登場人物の背後にある物語を想像していただく体験です。

親と子のギャラリー 東京国立博物館×びじゅチューン! なりきり日本美術館 7月24日~9月9日東京国立博物館で開催

  • 会期:2018年7月24日(火)~9月9日(日)
  • 会場:東京国立博物館 本館 特別4室・特別5室
  • 主催:東京国立博物館、NHK
  • 協力:公益財団法人東芝国際交流財団
  • 開館時間:9:30~17:00(金曜・土曜は~21:00、日曜は~18:00)※入館は閉館の30分前まで。
  • 休館日:月曜 ※8月13日(月)は開館
  • 観覧料:一般620円(520円)/大学生410円(310円)

スポンサードリンク

おすすめ無料資料請求

①小中高生の家庭教師選ポータル「かてきょnavi」
トライ、Gakken など大手を一括検索

②塾フォローに「オンライン家庭教師/個別指導 Axisオンライン」
大手WAOグループのオンライン家庭教師!お値段◎

③インターネット家庭教師Netty
東大・早稲田等出身者がオンライン授業家庭教師の資料は「早め」の取り寄せが成功の鍵!