AirbnbとLEGO®ハウス(以下、レゴハウス)は、レゴ三昧な1夜限りのお泊まり企画を発表しました。
デンマークのビルンにこの秋オープンした新しいレジャー施設「レゴハウス」を1晩まるまる貸し切る夢の旅です。無料で招待されるのは、ファミリー1組。デンマーク外からの応募でも航空券が用意されているから大丈夫!

LEGOハウスお泊りプランとは?

当選したファミリーは、レゴハウスを1晩貸し切って遊び、巨大なレゴでできた滝の真下に特設されたレゴのベッドルームに眠ることができます。
さらに嬉しいのが当日のホスト役です。何と、世界屈指のマスタービルダーとして活躍するJamie Berard(レゴグループ開発デザイン責任者)さん。当選者のアイディアをかたちにするサポートをしてくれます。
マスタービルダーを目指す大人も子どもも、ぜひイマジネーションをフル稼働で「レゴが無尽蔵にあるとしたら家族で何を作りますか?」をテーマに作文を書き、ご応募して特別な体験をしてみましょう!

招待プランの詳しい内容

当選ファミリーは11月24日にデンマーク入りします。
レゴハウスに到着するとJamieさんが出迎え、一緒にランチタイム。
食べたいものをレゴブロックで組み立てて注文すると、レールに乗って厨房に送られ、食べ物になって戻ってくるギミックも用意されています。
また料理を渡してくれるのは陽気なロボットウェイター2人です。

ランチの後は一般入場を締め切って、Jamieさんが貸し切り状態のレゴハウスの館内をご案内します。600万個以上のブロックを1個1個手で丹念に積み上げた人類最大のクリエーション「創造の木」の見事な枝ぶりを足元から眺め、「名作ギャラリー」で世界中のファンから集まったレゴ作品を鑑賞し、「体験ゾーン」でオリジナルのレゴ映画を撮影したり、モーター付きの車を組み立ててジャンプコースを走らせてみたり、都市をデザインしたり、プロの指導を受けながら飽きるまでレゴと戯れることができます。子どもの頃が懐かしくなったら地下の「ヒストリー・コレクション」へ。ここではレゴ発展史、世界中で愛された往年のヒット作を年代順に辿れます。

最後はいよいよお待ちかね、コアなファン向けの特別仕様のベッドルームです。場所は高さ6メートルのレゴの滝の真下にあり、辺り一面レゴ。室内はテディベアもアームチェアもランプも目覚まし時計もTVも絵本もすべてレゴ。猫までよく見るとレゴです。寝室は2つに分かれており、ベッドは「LEGOシステム」と「LEGO DUPLO®」のプールに浮かんでいます。

また、リビングではレゴの椅子に正座してレゴのテレビを観れます。こんなお部屋で眠ったら夢まで原色になってしまいそうですけど、おやすみの前に、無尽蔵に流れてくるレゴブロックで当選アイディアをかたちにする時間もあります。

応募方法

Airbnbのレゴハウスのリスティングページ(https://www.airbnb.jp/night-at/lego-house)にアクセスし、「レゴが無尽蔵にあるとしたら家族で何を作りますか?」という質問への回答をテーマに作文を書き、日本時間11月17日16:59(世界標準時7:59)必着で応募。

レゴが無尽蔵にある特設ルームに1泊し、マスタービルダーと一緒に応募アイディアを実現できる夢の旅が抽選でファミリー1組様に当たります!

スポンサードリンク