11月7日、東京大学でこれからを生きる子どもたちに必要な学びとは何か、未就学児の子どもたちにとって大切な“最初の一歩”をどのようにつくり、発展的な学びにどうつなげていくかについての無料シンポジウムが開催されます。

「プログラミング教育の最初の一歩 ~未就学児からの楽しい学びの作り方~シンポジウム」とは?

今回のシンポジウムは記念すべき第一回目。これからの世界を生きていく子どもたちにとってプログラミング教育の最初の一歩はどうあるべきか? を考えて行きます。

注目はプログラミング先進国であるイギリスで生まれ、STEAM教材として各国の教育現場で活用されているプリモトイズ キュベットの創始者、フィリッポ・ヤコブによる基調講演。

申し込みはHPから可能です。

シンポジウム開催概要

  • 日時:2017年11月7日(火)18:00~19:30 (17:00~体験会を実施)
  • 会場:東京大学福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター(東京都文京区本郷7-3-1)

 

シンポジウムプログラム

  1. 基調講演 「遊びながら学ぶ最高の形とは」英国 プリモトイズ キュベット 代表 フィリッポ・ヤコブ
  2. ワークショップ 未就学児からのプログラミング – プリモトイズ キュベット だれでも遊べるプログラミング – Viscuit  他
  3. パネルディスカッション NPO法人CANVAS理事長 石戸奈々子Viscuit開発者 原田康徳 氏 社会福祉法人 東香会 しぜんの国保育園 園長 齋藤紘良 先生 小金井市立前原小学校 校長 松田孝 先生、 他
  • 対象:幼稚園の先生、小学校の先生、教育関係者、保護者
  • 参加費:無料

スポンサードリンク