武蔵中学校の2018年(平成30年)入試の概要がHPで発表されました。

武蔵中学校の2018年(平成30年)入試の出願について

2月1日に入試のある難関10校の一つで男子御三家の一つ武蔵中学校。国語、算数、理科、社会の4教科受験で面接はありません。

「考える質問」が多く出題される武蔵ですが、HPのよくある質問にも「回答欄いっぱいに書かなくてはいけませんか?」「算数の説明を書く問題はどのように回答したらよいでしょう?」という質問の回答が記されています。

●解答欄いっぱいに書かなくては…
十分な余裕をもって解答欄は作られています。気にする必要はないでしょう。簡潔ですぐれた答案もあります。
●算数の「説明を書け」について…
受験生が考えた過程がわかるように書いてあればよいのです。中途半端な説明でも解読しながら採点しています。問題によっては細かい部分点を設定して採点に当たっています。

(HPより)

また、「どんな受験勉強をしたら良いでしょうか?」という質問には、答えに窮するとしながらも「どの教科も小学校の範囲を超えるものは要求しません。受験生が今まで勉強してきた中で、教えられて覚えるだけでなくどれだけ自分で掘り下げ、じっくり考えてきたのかが試される」とあります。

きちんと学んだことを積み重ねて「考えてとく」ところまで子どもと一緒に勉強していく必要がありそうです。

武蔵中学校の2018年の入試の概要

試験タイプ
入試日 2018年2月1日
出願方法 出願書類は、なるべくご持参。
やむを得ず郵送する場合は、レターパックプラス(510 円)を使用。
出願締め切り 2018 年 1 月 20 日(土)~ 1 月 24 日(水)  午前 9 時から午後 3 時まで
ただし、21 日(日)は受付なし。
受験料 25,000円
募集人数(男子) 約160 名
試験科目 午前 8 時集合、午後 1 時解散予定
国語50 分(100点)算数50 分(100点)

社会40 分(60点)

理科40 分(60点)

武蔵中学校の今後の説明会日程

今年から午前午後の2回開催となります。午後のほうが比較的混雑が少ないことが予想されています。テーマは「武蔵の教育と学校生活、海外への取り組み」等の説明です。

午前 11 月 18 日(土)
第 1 回 12:30~
午後 11 月 18 日(土)
第 2 回 15:30~17:00

 

武蔵中学校の過去問と関連書籍情報と口コミ

武蔵中学の過去問と、おおたとしまささんの「名門校「武蔵」で教える 東大合格より大事なこと」 (集英社新書)などの書籍が注目です。

武蔵中学校を受験するならチェックしたい書籍情報と口コミ

名門校ということで関連書籍も多数発売されています。

【中学受験2018】灘の入試に算数・国語が2日で社会がない理由は?灘中学校入試要項

【中学受験2018】海陽中等教育学校入試要項 給費生20名募集など 

【中学受験2018】体育も試験対象! 慶応義塾中等部入試 募集要項を公表!

【中学受験2018】 筑波大学附属駒場中が抽選についてと募集要項を公表!

【中学受験2018】渋谷教育学園幕張WEB出願と今後の説明会情報公開

スポンサードリンク