「障害のない社会をつくる」というビジョンの下、障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を展開する株式会社LITALICOが運営する、最新のデジタルツールを活用してものづくりを学べる専門塾「LITALICOワンダー」が、明日、2017年10月15日(日)に、子どもによるプログラミングやロボット製作の作品発表会「ワンダーメイクフェス4」を日本科学未来館にて開催します。

キッズ450人のプログラミング作品が見られる「ワンダーメイクフェス4」とは?

ポイント1.子どもたちのプログラミング作品のプレゼンテーション発表・ブース出展がある

年長・小学生~高校生の子どもたちによるプログラミングやロボット製作などのプレゼンテーションや展示を行い、プロのエンジニアやデザイナーによる作品審査やフィードバックが行われる様子をみることができます。

当日はブース出展126名、プレゼンテーション発表67名、ポスター・動画展示257名、計450名の子どもたちが自身の作品を発表予定です。

ポイント2.IT×ものづくり体験コーナーがある

LITALICOワンダーが実施するゲームプログラミングやロボット製作が体験できるコーナーだけでなく、Scratch(スクラッチ)、教育版レゴ®マインドストーム®EV3といったICT教材を体験できます。


<実施予定コンテンツ> ※変更の可能性あり
・Scratchでオリジナルゲーム作りを体験してみよう!
・ブロック教材で動く「未来の街」を作ろう!
・プログラミングでロボットを動かすミッションに挑戦!

ポイント3.企業や学校ブースがある!

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社、ブラザー工業株式会社、株式会社サーティファイ、KOOV(株式会社ソニー・グローバルエデュケーション)、MESH(ソニー株式会社)などの企業や、Code Academy、バンタンゲームアカデミー高等部、クラーク記念国際高等学校などの学校のブースが出展され、それぞれの企業や学校の子ども向けプログラミングの取り組みを知ることができます。

スポンサードリンク