東京の御三家の入試がいっせいに行われる2月1日。

2月1日の午前中に男子御三家の開成と女子御三家の桜蔭で行われた入試問題を入手し、2月1日の午後に小学5年生向けの模試として開催されるのが「開成・桜蔭入試当日体験受験」です。

同日とはいえ、同時間に体験受験することこそできませんが、実際の入試問題を当日体験できる貴重な機会となります。

四谷大塚の「開成・桜蔭入試同日体験受験」のポイントを紹介します。

実際の入試問題に当日挑戦できる/四谷大塚の開成・桜蔭入試同日体験受験入試のポイント1

小学5年生が挑戦するのは、その日に6年生が実際に受験した「開成・桜蔭入試当日体験受験」です。

ちょうど1年前に志望校の過去問を本番さながらの緊張感の中で行うことで、小学5年生の最初から志望校へ向かう姿勢を子どもが作るきっかけを作ることができます。

現時点でのライバルの仕上がり具合がわかる/四谷大塚の開成・桜蔭入試同日体験入試のポイント2

模試の後にはライバルたちの現時点の成績分布などの資料も配布されるようです。

奇々怪々なる塾解析

によると、実際の合格最低点と受験者平均点との差や、受験者数にしめる合格最低点をクリアした人数などがリアルに表示されます。

受験することで自分の立ち位置がよくわかります。

学習の指標となるデータ分析ができる/四谷大塚の開成・桜蔭入試同日体験入試のポイント3

入試まできっちり1年を残して何が出来ていて何ができていないのか、強化する必要がある項目などのフィードバックが充実しています。

桜蔭や開成を目指す小5はぜひ受験をしたい模試です。