子どもの中学受験勉強に付き合うのに疲れてしまった。いっそのこと中学受験をやめたほうがいいのかもしれない。だけど考えるのも疲れてしまう

もう気持ちはぼろぼろ。

このような悩みを抱えてで苦しんでいませんか?

・どうしたらいいかわからなくて辛くて夜も寝れないときもある

・模試の結果に一喜一憂してしまう

それでも「中学受験をしなければいけない」という呪縛にしばられ、問題の本質を見ないでいるつもりですか?

ここでは「中学受験」に疲れてしまったという気持ちを抱えているあなたのために、辛さを軽減する方法を紹介しています。

「中学受験に疲れた」と一言で言っても理由はそれぞれですよね。

・子どもの成績が上がらない

・子どもが勉強をしない

・夫婦間で中学受験の意見が分かれる

・反抗期で言うことを聞かない

本文ではこれらのような悩みを解決する方法も紹介しています。

「中学受験が人生を決める」わけじゃない!

中学受験が子どもの人生を決めるわけではありません。

「そんなことはもちろんわかってるけれど、子どもを地元の公立中学に入れるのは絶対イヤ!」と思われたかもしれませんが、多くのママやパパが無意識のうちに「中学受験が人生を決める」ととらえてしまっています。

きっと今のあなたも、潜在意識の中で「中学受験が人生を決める」と思い込んでいるから、こんなにも辛く感じているのでしょう。

人生を豊かにするものの中には中学受験の結果である学歴以外にも家族や友人、恋愛、趣味など色々なものがあります。

しかし多くの人が

「偏差値の高い人が勝ち組」

「偏差値の高い中学に入学した人はすごい人」

「偏差値の高い中学はブランド」

という具合に、学歴をもとに人の価値を判断していますよね。

高学歴できなくても幸せな家庭を築いたり、趣味に没頭したりと、人生を豊かにする方法はいくつもあります。

しかし多くの人が「学歴の良し悪し」によって、幸福度が大きく左右されてしまっているのです。

きっと今のあなたも「中学受験をやめたら子どもの人生は終わり」「今辞めたら周りにダメ人間に思われる」そのような思いから、辛くてもやめることができないという気持ちにしばられているのでしょう。

そのような人は、学歴が自分の人生そのもののように錯覚しているため、自ら自分のいる世界を狭め、そして逃げ道をふさいでしまっています。

そして逃げ道をふさいでしまっているからこそ、抱えているストレスを上手に吐き出すこともできないのです。

だけど極論をいうと、中学生の一時期を地元の公立中学で過ごしたとしても、人生が終わるなんてことはありません。

そして学歴で、その人の人間としての価値が決まるものでもありません。

学歴と、人生は全く別物。

そのように捉えることができるだけでも、日々の行き場のないストレスが激減します。

まずは「中学受験が人生を決めるわけではない」ということを意識し、もっと肩の力を抜いていきましょう。

合不合判定テストやマンスリーの解説速報が充実!

 ↓   ↓   ↓

元SAPIX・日能研・四谷大塚講師が運営。プロ講師が個別指導。

子どもを同級生と比べない。比べるのは一か月前の子ども

周りにいる同級生とあなたのお子さんを、比較する必要はありません。

比べるべき対象は1か月前、一年前の子どもです。

あなたが子どもを子どもが同級生よりも劣っていると感じてしまった場合、子どもも自分がダメ人間のような気がしてしまいますよね。

その結果同級生を嫌いになってしまうなどの弊害もでてきます。

周りの同級生とあなたのお子さんを比べることに何の意味もありません。

あなたから見ると、子どもの同級生がとてもできているように見えるかもしれませんが、意外とその同級生も毎日怒られながら勉強したりしているものです。

勉強ができるできないは、様々な要因が大きく影響しています。

当然ですが、子どものもつ要因はみんな違いますよね。

もしかすると、たまたま今回のテスト範囲が得意だったかもしれないし、テストの前日に徹夜で勉強していたのかもしれません。

このように子どもの状況は全然違うのですから、同級生と比べることに何の意味もないのです。

うちの子だけ、なんでこんなにできないんだろう・・・

そのように自信をなくしそうになったら、「一か月前は宿題を全て終えられなかったけれど、今は宿題をやりあげて塾に行けるよ」とか「一年前は漢字や計算あボロボロだったけど、今なら基礎的な漢字や計算はほとんどまちがわないよ」など、過去の子どもと比べてみましょう。

一か月前、一年前と比べて、できるようになったことが一つでも増えていればOK!

子どもはちゃんと成長しています。

子どもデキる同級生がいると焦ってしまうかもしれませんが、きちんと子どものペースで成長できているんですよ。

だから自信を持って!

この一つ一つの積み重ねをしていれば、気づいた時には「スゴイ同級生」と思っていた人と肩を並べるレベルに到達しているものです。

なので変なプレッシャーを感じなくていいですし、焦る必要もありません。

周囲を意識せずに子どものペースを大切にして日々仕事をしていきましょう。

合不合判定テストやマンスリーの解説速報が充実!

 ↓   ↓   ↓

元SAPIX・日能研・四谷大塚講師が運営。プロ講師が個別指導。

ママやパパも減らせる負担は減らしていこう

もっと肩の力を抜いてママやパパも減らせる負担は減らしていきませんか?

頑張り屋さんのママやパパは全ての責任を1人でかかえ、そしてすべてを完璧にしようと考えていることでしょう。

しかし抱えている重圧に心が耐えれていないから「中学受験に疲れる」という気持ちが出てきてしまうのだと思います。

そのようなあなたは、「しんどい」と思った時、「無理」と思った時は「助けを求められる」自分になりましょう。

1人で重圧を抱えていると、とてもエネルギーがいりますよね。

「上手くいかなかったらどうしよう」「これ以上やても、どうにもならないかもしれない」という思いから、進むこともも引き返すこともできない気持ちはとてもよく分かります。

でも多くの人は、きちんとした理由があって助けを求められたら嫌な顔はしませんし、理解してくれるものです。

なので、なんでも「1人で抱えてしまう」自分と決別し「ちょっと大変だから、一緒に子どもの面倒を見て欲しい」と頼れる自分になりましょう。

それができるようになれば、あなたの負担を大きく減らすことができるようになりますよ。

合不合判定テストやマンスリーの解説速報が充実!

 ↓   ↓   ↓

元SAPIX・日能研・四谷大塚講師が運営。プロ講師が個別指導。

子どもの未来を想像してみよう

あなたは子どもにどんな人生を歩んで欲しいですか?

・イキイキと楽しく学んでいる子ども

・本当の夢を見つけて、夢を追いかける子ども

・優しくて頼れる人間になって、グイグイまわりを引っ張っている子ども

色々な理想があると思います。

ぜひ「子どもの将来」のイメージを明確に持ちましょう。

「思考は現実化する」という言葉があるように、人は「こうなってほしい」と強く思って接すると、そのような人間に近づいていくものなのです。

その理由は無意識のうちに「周囲の希望の人間像」に近づくための思考ができるようになるからです。

もしあなたが「子どもにもっとイキイキと楽しく働く人」になって欲しいと強く思っているのなら、子どもはそのような人になるための手段を無意識に選ぶようになります

それは周囲の人の仲に打ち解けていくことかもしれませんし、目の前の成績を上げるために勉強することかもしれません。

もしかすると思い切って中学受験をやめるという選択肢も入ってくるかもしれませんね。

これらの選択肢に間違いは存在しません。

ママやパパ、そして自分が「こうなってほしい(なりたい)!」という人間像に近づくための手段なら、全てが正解です。

そしてその選択を繰り返していくことで、なりたい自分に近づくことができるのです。

この「子どもにこうなってほしい」というイメージがないママやパパほど、子どもの進む方向性が分からないため辛い現状をグルグルと迷走してしまいます。

もしかすると今のあなたも、日々の仕事をこなすことに必死で<子どもにどんな人になってほしい>なんて考える余裕をなくしていたのではないでしょうか?

そのような状況では、子ども進むべき方角が分からないため、今の状況から抜け出すことはできません。

まずは子どもにどんな人間になってほしいかをイメージしてみましょう。

そしてそのイメージができれば、どうしたらそうなれるかを考える習慣をつくっていきましょう。

そうすることで辛い現状から抜け出すことができるようになりますよ。

【中学受験の悩みはプロに相談】

 ↓   ↓   ↓

合不合判定テストやマンスリーの解説速報も充実!

元SAPIX・日能研・四谷大塚講師が運営。プロ講師が個別指導。

他に熱中できるものを探してみよう!

辛い時こそ、子ども以外に熱中できる趣味などを見つけてみましょう。

趣味もなければあまり子どものことを話す相手もいない。

そのような状況の人ほど「学歴=人生」ととらえてしまいますよね。

学歴(中学受験)以外に考えることがなければ、「学歴=人生」ととらえてしまうのも当然といえば当然です。

子どもの中学受験の勉強以外に打ち込めるものがなければ、子どもの勉強が頭から離れなくなり、プライベートの時間でも仕事のことでいつまでも悩んでしまいますよね。

そして1人で考えれば考えるほど、どんどん気持ちが暗くなりイライラしてしまいます。

逆に何か打ち込める趣味などがあれば、気持ちを上手に切り替えることができます。

子どもの勉強を見ている時でさえ趣味のことばかり考えてしまうようになれば、子どもの勉強からも少し距離をとれるようになります。

「子どもに小言ばかり言ってしまったなあ」「永遠にテスト範囲が終わらないのではないか」そのようなネガティブなことばかり考えてしまうと、どんどん気持ちが沈む一方です。

打ち込めるものがあれば、「忘れよう」「考えないようにしよう」と意識することもなく、パパやママの人生と子どもの人生を切り換えられるようになります。

あなたも子どもの中学受験のことをいつまでも考えてしまうなら、受験のことを考えなくなるくらい熱中できる趣味を見つけてみましょう。

趣味に熱中すればするほど、中学受験のストレスが軽くなっていきますよ。

【中学受験の悩みはプロに相談】

 ↓   ↓   ↓

合不合判定テストやマンスリーの解説速報も充実!

元SAPIX・日能研・四谷大塚講師が運営。プロ講師が個別指導。

「いつでも他の人に託せられる」という逃げ道があると気持ちが楽に!

「中学受験勉強中。だけど、合格できるかわからない」と考えれば考えるほど、憂うつになりますよね。

そんな時は「いつでもママやパパは他の人に任せられる状況」を作ってしまうといいですよ。

とりあえず中学受験専門のプロ家庭教師の資料を請求して登録してどんな家庭教師がいるのかチェックするんです。

とくに個別指導塾ドクターの場合は、あなたの希望を伝えると、あなたにぴったりな家庭教師を紹介してくれます。

そこで色んな家庭教師を見ながら「私がやめても、プロが教えてくれる」と実感するだけで、すごく気持ちが楽になれるんです。

「いつでも誰かに助けてもらえるけど、続けられるときは続けていく」と「辞めるわけにはいかないから、続けている」というのでは、精神的な負担は天と地ほどの差があります。

中学受験生のママやパパはお腹が痛くなるほどストレスがたまる時期があるのですが、そのような時は個別指導塾ドクターのような家庭教師に相談するだけで気持ちをが紛れてきます。

そして、家族だけでできなかったら、プロにお願いしたらいいのです。

実際に私の友人は個別指導塾ドクターにお願いして志望校に合格しました。

第一志望校ではなかったのですが、今までは子どももママもパパも前向きに毎日を過ごしています。

とりあえず資料請求をしておくだけでも、いつでもプロの力をかりることができます。

中学受験は常に時間がありません。ここで「ふ~ん」といって、資料請求せずにページを閉じた人は、明日もこの先もずっと同じ毎日の繰り返しになります。

このまま「中学受験に疲れた」という感情を抱えた毎日から抜け出せないなんて辛くないですか?

今日、この機会に個別指導塾ドクターに登録して、「中学受験でストレスがたまる」という感情と決別しましょう。

一度しかない人生、中学受験の悩みに振り回されずに、もっとストレスフリーに行きましょう!

【中学受験の悩みはプロに相談】

 ↓   ↓   ↓

合不合判定テストやマンスリーの解説速報も充実!

元SAPIX・日能研・四谷大塚講師が運営。プロ講師が個別指導。



【中学受験の悩みはプロに相談】

 ↓   ↓   ↓

合不合判定テストやマンスリーの解説速報も充実!

元SAPIX・日能研・四谷大塚講師が運営。プロ講師が個別指導。



 

スポンサードリンク

おすすめ無料資料請求

①小中高生の家庭教師選ポータル「かてきょnavi」
トライ、Gakken など大手を一括検索

②塾フォローに「オンライン家庭教師/個別指導 Axisオンライン」
大手WAOグループのオンライン家庭教師!お値段◎

③インターネット家庭教師Netty
東大・早稲田等出身者がオンライン授業家庭教師の資料は「早め」の取り寄せが成功の鍵!