知識ゼロからの中学受験」編集部のO(@kidsedujapan1です。夏休みや冬休み、春休みなどに小学校で子どもに出される絵日記。読書感想文や自由研究などに比べて取り組んでもコンクールに出されることはほとんどなく、担任の先生がコメントを書いて子どもに戻すということが多い宿題です。

どんな絵日記を書いているの? 小学3年生の絵日記の例をご紹介します。

【提出版】アスレチックトンデミ(TONDEMI)についての小学2年生の絵日記

この記事は、以下の方法で絵日記の書きました。

小学3年生になり、文章を書くことにストレスが大分なくなってきたので、今回は推敲の過程を紹介します。

提出用の絵日記が1つだったので、下書きを書いたときに「順番を変えてみたらこんなふうになるよ」というと、「やるやる!」となって、本人なりに工夫をしたものです。

まずは推敲後のものから。

題:はぐるまのついたボルダリングにちょうせん

「あぶない」ボルダリングのかべにとりつけられた大きな歯車に手を乗せるとズルっとすべりました。

わたしが行ったところは室内アスレチックトンデミです。

一番むつかしくてドキドキしたのはふつうとはちょっとちがうボルダリングです。2階くらいの高さの壁の上に上る途中、50cmぐらいの歯車がありました。

足をかたっぽだけ乗せたら歯車がまわってしまうので、バランスよくのせるのが難しいです。

わたしが最初に登ったときは登れなかったけれど、

スタッフさんが「バランスよくのぼるといいよ」と言ってくれたのでバランスをいしきしてやってみたら上まで登れてうれしかったです。

またトンデミにいっていろいろチャレンジしたいです。

【推敲前】アスレチックトンデミ(TONDEMI)についての小学2年生の絵日記

続いて推敲前のものを紹介します。

題:むつかしかったボルダリング

わたしはトンデミという室内アスレチックに行きました。

一番むつかしくてドキドキしたのは、ふつうとはちょっとちがうボルダリングです。

2階くらいの板に登る途中、50cmくらいのはぐるまがあります。

あしをかたっぽだけのせあら、はぐるまがまわってしまうのでバランスよくのぼるのが難しいです。

わたしが最初にのぼったときは登れなかったけれど、スタッフさんが「バランスよく上るといいよ。」と言ってくれたのでやってみたら上までいけてうれしかったです。

また、トンデミに行っていろいろちょうせんしたいです。

 

小学3年生の、みんなの絵日記ピックアップ!

小学3年生の同学年の子供たちの絵日記を見ていると、絵やテーマが小2のころよりぐっと深まっている様子が見られます。

宝塚に出かけた小学3年生の絵日記例

小1から小3へと成長していく絵日記例

茶摘みについて書いた小3の絵日記例

夏休みに見た映画について書いた小3の絵日記例

小学2年生の絵日記ガイド/実例・お手本集!夏休み・冬休み・春休み

スポンサードリンク

おすすめ無料資料請求

①小中高生の家庭教師選ポータル「かてきょnavi」
トライ、Gakken など大手を一括検索

②塾フォローに「オンライン家庭教師/個別指導 Axisオンライン」
大手WAOグループのオンライン家庭教師!お値段◎

③インターネット家庭教師Netty
東大・早稲田等出身者がオンライン授業家庭教師の資料は「早め」の取り寄せが成功の鍵!