入試でライバルと競う前に子どもたちが挑戦するのが、通う塾の校舎内で上位を目指していくことです。

四谷大塚のクラス分けについて調べました。

A? B? C? S?四谷大塚のクラスわけを調査!

四谷大塚では毎週「週テスト」が行われ、テストの難易度がコースにより異なります。

  コース 偏差値
Sコース
Cコース 偏差値59~
Bコース 偏差値46~58
Aコース 偏差値~45

コースわけは5週に一度の「組分けテスト」で行われます。

「週テスト」とは?

週テストはその週に学んだことの確認を行うテストです。その週に学んだ内容が75%、前週の復習内容が25%で行われます。四谷大塚の受講コースは「週テスト」の有無で3つのコースに分かれます。

  • 本科コース 授業+週テスト
  • 授業コース 授業のみ
  • 週テストコース 週テストのみ

四谷大塚の子どもたちはクラスわけとどう向き合っているの?

四谷大塚のHPの合格体験記には、クラス分けと向き合う子どもたちの姿が見られます。

一喜一憂しすぎないで、それでも真摯に向き合っていくことで、少しずつ階段を登り成長していく子どもたちの姿が見られます。

基本に忠実に完璧を目指してコースUP!

AコースからCコースへ!

私は初めはAコースでした。お父さんによれば、豊島岡女子学園中学校の話をしたら、取り合ってすらもらえなかったそうです。予習シリーズの例題と基本をかたっぱしからやり、すべて解けるように努力したら6年生でCコースを落ちることはなく最後はSコースになることができました。

応用は基本あってのもの、基本を心からわかるようにすれば応用も少しはわかるようになります。予習シリーズだけ破けるほど完ペキにすれば、ある程度のところは受かると思うので頑張ってください。

合格体験記

コースの変化にとらわれない!

私の行っている小学校の人が1人もいなくて周りともなじめませんでした。それでもようやく5年生の春期講習のテストでコツをつかむようになっていき、だんだん勉強をするようになりました。AコースからBコースになってCコースにいったりして勉強を自分からするようになりました。だけど、そうなれたのは、母や担任の先生が私らしくがまんをあまりせず、自由に勉強させてくれたからだと思います。

合格体験記

まだ小学生の子どもたちを成績で競わせることについて、親として躊躇しないといえば嘘になりますが、クラスという目安をベースに頑張っていくことにも意味があるのだなあと感じます

※クラス分けは校舎によっても異なります。

中学受験塾に入ったら最初にすべき3つのことは?サピックス・四谷大塚・日能研

【中学受験の悩みはプロに相談】

 ↓   ↓   ↓

合不合判定テストやマンスリーの解説速報も充実!

元SAPIX・日能研・四谷大塚講師が運営。プロ講師が個別指導。



中学受験塾の選び方に関する書籍と口コミをチェック!

中学受験の際の重要なパートナーである塾選びには神経を使いますね。

どんなことを考えて選べばいいのだろう? そんなときに読んでおきたい書籍をチェック!

&

【日能研】W? M? G? R?日能研のクラスわけとは?

スポンサードリンク