中学受験の直後に始めた我が家の中1。少し前のブログに1カ月半の公文の進度や疑問を先生に相談しながら少しずつすすめていることを書きました。もともと公文で少しずつ先取りしながら、中間や期末テストに備えられたらいいなと始めましたが、テストまでの実際のペースはどうだったのか? 記録しておきます。

小6から中1の春休みからはじめた公文は中間テストの範囲をカバーできた?

結論としてはギリギリテスト範囲に間に合いました。

中1の中間テストの範囲は正負の数から文字式まででした。テスト前までに公文では次の一次方程式に入りました。テストの1週間前からはほかの通っている中学生のお友達もお休みするということで、先生と話して自分でお休みにしていました。

中間テスト後は学校が公文を追い越していくのをどうするか問題

中間テストが終わって1カ月ほどすると夏休みになります。夏休み明けが期末テストなので、夏休み中は少しペースを上げてすすめると、次の期末テストにもギリギリ間に合いそうなペースですが、そこは子どもと何のために公文をしていくのかを少し話して、決めていこうと思います。

東進衛星予備校 先取り
学校 通常
公文 追っかけ

今は、東進衛星予備校と公文で学校の先取りペースをすすめていますが、全部を少しずつバラしていくのもいいのかもしれないな、という気もします。

おそらく本人は、公文の1日5枚の算数のペースがちょうどいいから、このままいくと言う気がします。

スポンサードリンク

おすすめ無料資料請求

①小中高生の家庭教師選ポータル「かてきょnavi」
トライ、Gakken など大手を一括検索

②塾フォローに「オンライン家庭教師/個別指導 Axisオンライン」
大手WAOグループのオンライン家庭教師!お値段◎

③インターネット家庭教師Netty
東大・早稲田等出身者がオンライン授業家庭教師の資料は「早め」の取り寄せが成功の鍵!