中学受験が終わったばかりです。すぐに中学の勉強をはじめるように言うべきか、特に何も言わずにおくか悩みました。

私立中学入学前にすぐ先取り学習をすると決めた理由

いろいろ悩んでいて、高校受験、大学受験のCASTDICE という塾が公開している中高一貫校生が大学に入るまでを自分で語る動画を集中して何本も見ました。

難関大学や医学生が中学受験後から大学受験の間どのように勉強していたのか? どこの塾に行っていたのか? どの参考書を使っていたのか? を話す動画が多く上がっている塾のサイトです。

どれもN=1の体験ではありますが、これを見ていると、先取り学習をして、少しでも早く丁寧にきちんと、自分の意思で勉強することの大切さを感じました。

自分でこういうのを見て勉強を始めてくれるといいのですが、そうもいかないのにで、少しずつ一緒に勉強をはじめました。

Y-SAPIX の英語と数学のテキスト(無料配布分)
書店で購入した英語と数学の問題集
公文の英語・数学・国語教材
中学一貫校生向け塾の数学の春期講習

取り組んでいたのは主に上記の4つ。一度にはじめたわけではなく、まずは中学受験のために通っていたサピックスでいた無料教材からはじめて、市販の問題集ができそうだなとわかると、公文や中高一貫校生向けの春期講習へと増やしていきました。

これらが必要だったか必要でなかったかわかりません。春休みの時間があるときなので取り組めましたが、学校が始まってからは難しいかもしれません。

Y-SAPIXの英語と数学のテキスト(無料配布分)

2月5日の入試直後からはじめたのは、サピックスでいただいたテキストです。問題は、2月、3月の2カ月間分。数学と英語と国語を毎日1教科少しずつ勉強するようになっていました。

英語などで動画や音声があったほうがいい部分は動画や音声で確認できるようになっていました。

書店で購入した英語と数学の問題集

英語と数学のテキストを書店で購入したものに取り組みました。

中一の数学は小学校までの算数と概念が違うように思うので、アタマで理解したことを手できちんとできるように演習量をこなしたいなと思っていました。
「公文の中学基礎がため100%」のテキストは問題の量が多かったので、これだけを入学前に何度もやるだけでもよかった気もしています。

英語のテキストはアプリをダウンロードすると発音が確認できるようになっているのもよかったです。

公文の教室の英語・数学・国語教材

2月は公文のお試し期間中だったため、英語、数学、国語の教材に取り組み、お試し期間が終わった後お3月まではすすめようと思っています。

数学であれば、1週間に約630の計算をするペースですすめていました。市販のドリルと合わせて、中1の数学で取り組む計算は考えなくても無心で手が動くようになりました。

公文の中学生向けの講座で取り組んだものがどのようなものだったのかは、以下の記事にまとめました。

中高一貫生向け塾の数学の春期講習

数学や英語の多読の授業で評価の高い教室が近くにあり春期講習はこちらに通いました。英語のクラスは2月に入ってすぐ満席となり受講ができませんでした。

こちらは中学数学の最初のテーマとしては定番の正負の数からではなく、文字式とその応用に取り組む5日間の講座でした。

授業の次の回では必ず確認テストがあり、宿題は大問3問程度でしたが指定の用紙に記入して提出すると先生が式の展開方法まできちんと確認して赤入れをしてくださっていました。

5日目は授業の後に新中一コースの入室テストが行われました。娘は「授業は楽しかった! 受かってるといいな~」と、帰宅しました。

最後の大問でできない問題があったようですがものすごく難易度が高い入室テストではないのかもしれません。春期講習が正負の数の計算からではなく文字式から始まっている点が、春期講習を受けないと少し辛いのかもしれないなとは思いました。入室テストの問題自体は見ていないので正式なことは言えませんが。

この塾で行われている英語の多読はとてもよさそうだったので、学校がはじまってからのスケジュールに余裕があれば受講ができるように、講習がうけられなくてもテストだけは受けようかと、今少し悩んでいます。

ちなみに娘は中学受験のサピックスでは最後は偏差値55前後のクラスでした。同じクラスの男の子が春期講習の同じタームを、説明会では娘よりも上のクラスの男の子たちを見かけたと言っていました。

説明会でどんな子たちが通っているのか? と質問してみたところ、中1~中2までは女の子が7割ほどで、そのまま高校まで受講し続ける子が多いことを聞きました。

男の子は中学の前半は部活などを頑張って、中3から一気に人数が増えていくとのことでした。

中学受験でも男の子の達成して乗り越えていく直前期のパワーを感じました。とはいえ、アグレッシブで前向きな女の子も多いし、性差はあるのだろうか? というのと、娘は今のところそういう結果の出し方ではないように見えますがどうなんだろうな? と、見ています。 

スポンサードリンク

おすすめ無料資料請求

①小中高生の家庭教師選ポータル「かてきょnavi」
トライ、Gakken など大手を一括検索

②塾フォローに「オンライン家庭教師/個別指導 Axisオンライン」
大手WAOグループのオンライン家庭教師!お値段◎

③インターネット家庭教師Netty
東大・早稲田等出身者がオンライン授業家庭教師の資料は「早め」の取り寄せが成功の鍵!